初代ギンの記録007「どん底」

メインデータ初代の記録です。


前回のギンさんの記録はこちら。


初回はこちらです。


この記事のスクショは2015年8月のものです。

今回は言っておくとどん底だ!よろしくお願いします。


なん……??


????????


よく理解できませんでした。


だって最初にも書いたように、キリアンさんは他の方のデータで子どもを作っていたので、大丈夫のはずだったんです。


大丈夫のはずだったんですよ。


とか呟いていたら、このセリフは寿命が足りないことによるセリフだということを教えていただきました。



この時は2015年8月です、iOS版がリリースしたてで、プレミアムなんてものなければ、必要な課金アイテムも何もかもありません。何もかもないんですよ。
Switchも当然ないのでインポートとかも出来ないです。
この絶望感。

今端末にあるこのデータしかなくて、当然ながら4日おきにサーバーセーブもされてるし、さかのぼることもできなければこれ以上進めることもできません。
子どもができないので将来引き継ぐこともできないし、未亡人になって再婚もできないんですよ。
どうしたらいいかわからないじゃないですか。

半月以上かけてじっくり進めてきてしまって、既に相当このキリアンさんを愛してしまっていたし、上ではやり直しをと書いてましたが、仕様上、複数データを持つことはできないので、凄く途方に暮れていました。



途方に暮れている間に最短結婚でもどうなのか検証して下さった方が居て(今でもずっと感謝しております。ありがとうございます!!)


ということになったのです(今見ると誤字してるので相当動揺していた)

どうあがいてもキリアンさんとの間には子供が作れない!
でも!!

NPCとの間には作れる!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
なぜ…!!!!!!!!!

当時の私はもーーーそりゃーーーもーーーーーーー
ひたすら泣きはらしたし怒り狂ったりしてひどい有様でした。
ほんとひどかった。

だって子ども作れるんだから大丈夫だ~と思ってたんだもの…出来ないなんて思わないじゃないですか…


「プルトのように延命できるもしくは子ども出来るアイテムを課金でいいので作ってください。」


といったものを運営さんに要望致しました。
フォロワーさんたちもみなさん協力してくださって、あたたかいお言葉をかけてくださって、励ましてくださって、凄くやさしい世界だと感じて、涙が止まりませんでした。

運営さんにお手紙をしたためて、返事が数日たってもこなかったので、悶々としていたりしてました。

その後の経過のツイートが残っていたので貼っておきます。


ということでこの時点で子どもができないことがわかってから5日経過していました。
(日曜日に送って火曜日に回答がきて、そのあと続報があるかもと金曜日までじっと待っていたときの私の絶望感ときたらなかったのでナルルに帰ってたりしました。ナルルはいいぞ。ナルルがなかったらワーネバやめてたかもレベル)

どうしても今のデータのあのツンツンツンツンツンデレなキリアンさんが大好きすぎたもので、他のデータでやり直すなんて考えられなかったです。
運営さんを信じているとはいえ、要望がいつ叶えられるかもわからないし、叶えられないかもしれないしで、叶ったとしてもキリアンさんの余命に間に合わないかもしれないのですが、こうなったらと腹をくくって、バッドエンド覚悟で進めることにしました。

とにかくキリアンさんが大好きだったのよ!!!!!!!!!!!!!


そしてギンが一向に押し倒したり押し倒してもらえないことでも凄いフラストレーションがたまっていたので、その辺は創作でなんとかしました。


ダイレクトマーケティングすると、この時のリアル翌年に、気持ちを昇華させるため、この辺りの漫画同人誌を描いたのでよかったらみていってください…(画像をクリックすると詳細記事が新規タブで開きます)


そんな感じで凄いどん底だった私とギンと、キリアンさんですが、ゆっくりペースでデータを進めようと試みます。


それでも相変わらずツンである。


人にはよく囲まれていらっしゃる。


相変わらずちゅーはダメ。



おうちでぼーっとしていると、一緒に寝てくれた。やさしい。


この時、ギンはだいぶ参っていたんでしょうね。


ダイナさんがご飯を作ってきてくれました。ありがたい…


この時はすぐ食べちゃうから、何をもらったのか分からなかったのですが、気持ちはありがたい。


相変わらずご飯は一緒に食べてくれないけど、お元気そうなダイナさん。
ギンも少し元気をもらったので


わあ!!!!ちゅーさせてくれた!やった!!!


その後ダイナさんとキリアンさんが何か話しています…


そして家に帰りだすキリアンさん…


ついていくギン…


家の中に入って、急に後ろを振り向くキリアンさん



泣いた


ダイナさんが何かお話して下さったのかなあ……
それでも、凄くうれしかった嬉しすぎて本当にボロボロ泣いていました

ああキリアンさん、どんな結末になろうと、あなたと一緒にこの国で生きます。


決意を新たに、そして愛情をますます深めてしまった日でした。


初夜


つづく


008へ→


コメント

タイトルとURLをコピーしました