同人活動

主にワーネバ作品でのんびり気が向いたときに活動。イベントに参加は殆どしていないため、委託での通販主体です。
また、最下部には無料のペーパーも公開しております。


■委託通販:アリスブックス様 ご購入はこちらからどうぞ。


■自家通販:Mavi Su BOOTH
↑アリスブックスさんでは取り扱っていない作品はこちらから

サンプル画像は左から並んでいますのでご注意ください。


「Kirchenlied」
キルヒェンリート


2018年10月発行。エルネア王国が舞台。

2代目キルヒェの子ども時代。


 父キリアンが召され、母ギンは心神喪失状態に陥っていた。そんななか一人息子のキルヒェは未就学児ながらも母の命と生活を維持するべく、ご近所のダイナの力を借りて奮闘するうち、母は徐々に自分を取り戻していく。
 やがてキルヒェは入学し、学生となる。生まれたころから面倒を見てもらっている神官エスモンド、その娘ペネロペと交流する日々だったが、やがてエスモンドにもその時が訪れて……。



◎4コマ込10話+α、総描き下ろし。
◎A5/114P/オンデマンド印刷
◎描き下ろし しおり付



「Glanz」
グランツ


2017年12月発行。エルネア王国が舞台。


描きためた風景イラストを加筆修正し、描き下ろし作品も加えたイラスト画集。
RGB印刷のため、画面に表示されている色合いそのままが再現された自慢の一冊。
ル・アンリ家の生きるエルネア王国をどうぞお楽しみください。



◎B5正方形/フルカラー28P/オンデマンド印刷
◎ポストカード付



「未来への灯火」
みらいへのともしび


2016年8月発行。エルネア王国が舞台。

「幾度の夜を越えて」の続編。初代一家の話。

 その日、神官キリアンは急いでいた。妻ギンとの間に待望の第一子が生まれるのだ。夕刻に生まれた赤い夕焼け色の髪をした男の子に、キリアンはキルヒェと名付けた。
 農場でありながらも働かずに神官である夫を追いかける妻を危惧したキリアンは、ギンに近衛への入隊を進める。そんななか、ある日キリアンは神官の職を辞してしまう。その理由を語ろうとしないキリアンにギンは詰めよるのだった。
 キルヒェが1歳になり活動的となってからの家族3人の日々はとても穏やかで充実したものだったが、キリアンの体調は次第に悪くなっていく……。



◎4コマ込み16本収録。総描き下ろし。
◎A5/本文40ページ/表紙カラー/オンデマンド印刷

⇒ 詳細ページ


「幾度の夜を越えて」
いくたびのよるをこえて


2016年5月発行。エルネア王国が舞台。

初代夫婦のお話。ウミカイの卵。

 初代PCギンは、キリアン・ル・アンリと結婚した。初夜、ドキドキしながらその誘いを待つが、キリアンはつれずそのまま寝てしまう。
 あまりにも何もないことにギンは業を煮やし、キリアンに子どもが欲しいと願うが、自信のないキリアンはキッパリ断る。拒絶された悲しみでいっぱいのギンを見るうちに居た堪れなくなったキリアンは意を決して夜を共にする。しかし2人の間には全く子どもができる気配がなかった。キリアンと一緒にいられればいいと思うギンであったが、やはり子どもは欲しい。ギンを想い、子ができないのは自分のせいだと悩むキリアンは、ある日ウィアラからあるものの話を聴いて――



◎話2本、うみたまレポート1本収録。総描き下ろし。
◎A5/本文44ページ/表紙カラー/オンデマンド印刷

⇒ 詳細ページ


エルネアアンソロジー


2016年5月発行のエルネアアンソロジーに初代夫婦の話を寄稿させていただきました。
こちらも描き下ろしとなっております。
豪華な執筆者さまたちです!
ぜひお手におとり下さい。



「雨のちくもり、くもりのち晴れ」


2014年12月発行。ナルル王国が舞台。

初代PCの弟レスリーの妻となるアントーニアの話。

 幼くして両親を亡くしたアントーニアは、結婚したばかりの兄セザールとその妻メーベルと同居生活を送ることになる。アントーニアとメーベルの関係はうまくいっておらず、相互理解がすすまない。
 アントーニアの趣味は栽培で、公園の片隅にひっそりと畑を作りロークエルグを覗いては勉強して、食物を育てようと試みていた。
 先に成人してしまった幼馴染レスリーはローク所属で、兄同士が親友のために自然と仲良くなった。頻繁にロークにやってくるアントーニアをレスリーは気にかけ、世話を焼く。そうやって土いじりをして泥まみれになって帰ってくるアントーニアに対し、メーベルはレスリーとの付き合いをとがめてしまったことから、2人の仲は悪化し――



◎学生時代から成人するまでの3本収録。総描き下ろし。
◎B6/本文36ページ/表紙カラー/オンデマンド印刷

⇒ 詳細ページ


2013年 プルト地元民アンソロジーに参加致しました。 【完売御礼!】


「FoRest」
フォレスト


2012年12月発行。ククリア王国が舞台。

初代PCであり、ナルル王国初代の第一子でもあるクルリ・ルリンとその恋人チガント・ビュセールのお話。

 ナルル王国から妹のリンネと共に移住してきたクルリ・ルリンは同じく旅人としてやってきていたチガントと出会い、付き合い始める。この国は複数恋人を持つことが当たり前だから気をつけてと妹に注意されるクルリ。 2人の交際は順調のようであったが、 クルリが一緒に劇で共演した王太子フェリックスに目をとめられたことから、次第に不穏な空気が漂い始めていく。そしてついにクルリはチガントが別の女性と一緒にいることを目撃してしまった。四角関係になってしまったクルリとチガントは――



◎少年コミックサイズ/本文68ページ/表紙カラー/オンデマンド印刷

⇒ 詳細ページ


「Morning of the beginning」
モーニングオブザビギニング

2012年8月発行。ナルル王国が舞台。

初代PCルーリとクリントさんが付き合いだして、結婚するにいたるまでを描いた初めての漫画本。


 クリント・ビュセールは移住してきたルーリ・ルリンと付き合っている。明るくて元気な彼女はクリントの家族にも気に入られ、結婚に向けて順調にデートを重ねていた。
 クリントの父は騎将だったが、クリントは偉大な父に対して密かに劣等感を抱いており、ルーリに武術の筋があるのではと両親が話しているのを聴いてしまったクリントはその感情を直視することになる。
 日に日に募るルーリへの恋慕と劣等感を抱えたクリント。それに気付いたルーリはクリントと真正面に向きあうのだった。



◎A5サイズ/本文46ページ/表紙カラー/オンデマンド印刷

⇒ 詳細ページ


「Prologue-プロローグ-」


2011年12月発行。ナルル王国が舞台の絵本。



◎CDジャケットサイズ/全24ページ/フルカラー/オンデマンド印刷

⇒ 詳細ページ


ワーネバ布教ペーパー 無料配布中!