ルーリ195年(3)青い花。

途中までは旧版の日記、後半はいよいよPU版です!
※段々創作と妄想となりきりが酷くなってきますのでご注意ください。

未来と現在の王妃さま。

(オディールちゃんは、王太子の妻なので卿?
クレメンスちゃんは王配なので、殿下!なのかー。なるほど。

いい加減ちゃん付けやめないと…(中の人))

子煩悩パパ。

次女トリンちゃんが生まれ、うちには女の子が2人。
やっぱり男親だと可愛いんですかね~

トリンちゃんにメロメロなパパントさん。
ほら!クルリちゃんが…遠くで見てるよ!!ねえ!クリントさん!

「……(どっちも可愛いに決まってるし)…。おーい、クルリー」

「よしよし、パパみたいになるべく、一緒に武術がんばろ~な~」

「いやいや、そこはママみたいに、でしょ?(ドヤァ…)」

「(・ー・`)…。……パパとママみたいになろうな~♪」

「え~クルリはイムになりたいの~」

「そ、そっか~(´・ω・`)」

そんなクルリちゃん、いつもご飯のタイミングを逃していましたが
最近は上手に食べられるようになりました。

「みんなでいっしょにたべるとおいしいねえ♪」

「ねー!」

「(ちゃんと成長してるんだなぁ…(しみじみ))」

*

子供の世話に尽力しているパパントさん、

相変わらず平常運転みたいです(アイテム的な意味で)

家とクリントさんの職場(シーラ)が近所なのもあるので
私は久しぶりに彼のあとをついていく事にしました。

「(仕事するのかと思ったら可愛い子ばっかりに話しかけてるしーッ)」

「仕事頑張れよって励ましてるだけなんですけどー…釣り難しいからな…」

ザビーネちゃんといえばフランセットさんの妹だったりします。

幼馴染繋がりと言う事にしておこう…
(確かフランセットさんとクリントさんって同級生なんだよね…)

ドラゴンドロップ杯

出たくても出れなかったというか、存在を忘れてた、DD杯。
今年のバグウェルと対戦される方は

モーディさんらしい。


王国の至宝であり、酒場の主でもあるモーディさん。格好良い!

いざ!バグウェルとの対決!
青い鱗をもつ、この国のバグウェル、初めてみた。

結果は、モーディさんが押しているように見えたので
勝つかな、と思っていたんですが、そこはバグウェル。
強力な一撃をあびせ、バグウェルの勝利。
モーディさん一歩及ばず…残念。


しかし優勝しなくても貰えるものは貰えるんですね。いいなぁ。私もいずれ…!


(うん、そんなことはお構いなしにクリントさんは親ばかだね!)

いよいよパワーアップ版!!!

さて!これよりいよいよ!!!
パワーアップ版に入ります!!!!
やっと…やっと……!!

色々変わったらしいのでドキドキしながら国内をお散歩します。


はっ!早速…なんか…なんか別れの言葉が…

本当に変わってるー(゜□゜*)

セリフも色々変わっていて、ここは何処だとある意味、浦島気分です。

ちなみにこの日はバフカがやってくる日でした。

私もそっと混ざります。

よし!巷で噂のバフカ乗り!やってみよう!!! と思って試したんですが。

うまくコツがつかめず、つっかえて乗れないまま…。
来年はうまく乗れるといいなぁ…。

青い花を携えて。

今年はじめてティルグ員になったクリントさんの
はじめての試合があります。

同じティルグ員であるルーリは、自分の試合もある為に
クリントさんの試合は一試合しか観戦できません。
頑張ってほしくて、

応援するとともに、青い花を渡しました。

ちゃんと貰ってくれたようです。

良い成績が残せると良いね!

*

試合前にはデートの約束をしていたので行きます。

セリフが微妙に違うんですよね。
待たせたな! まるでス○ークみたいだよぉ~(・w・**)

しかし…

同じデートをしている人もいるのでカオスなことに…
誰がしゃべってるのかわかりません!
これはちょっと興ざめするかも。。。

デートが終わった後はクルリちゃんとお散歩です。


ちゃんとついてきてね♪

一通りお散歩したあと、
クリントさんの試合を観に行きます。

ドキドキしながら待っていると、試合が始まりました!

クリントさんは軽騎兵なので、一番最初にでます。


おおっ!頑張ってる…!(で、でもポイント1?)


クリントさんはひたすら、火山剣の嵐です。
そこから生まれる隙をついたアレクシスさんの重たい一撃で
ポイントが一気に引き離され…

負けてしまいました。。。

続く、メーベルさんが、その仇をと、アレクシスさんに勝利しましたが

クレタさんに2枚抜きされてしまいました……。


結果、クリントさんの所属するヴォルス隊は敗北してしまったのでした…。


初戦は、惨敗だった為、クリントさん、大変疲れてしまってるようです…
かわいそう……;;;

「………」

「……クリントさん、大丈夫、次は頑張れるよ」

「…そうかな?(うつろ)」

「そうだよ!初めての試合で緊張してただけだよ!次はいけるはずだよ!」

「…そうだな。次は、やれるよな。」

「うんうん!きっとうまくいくよ!私応援してるから!」

「ありがとう、ルーリ。」

次の試合は日程がかぶってしまってて応援できないけど、
挽回できると信じてるからね…!
私も頑張るからね!ね!

そうして今年のティルグリーグは始まったのでした。

←前のルーリ日記へ→次のルーリ日記へ

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

3 thoughts on “ルーリ195年(3)青い花。”