1145日目。

20140723
下地置いてからは早いです。

未来の私のために現在の手順をメモっておきます。

作業の流れは
・ラフのラフのラフ(サムネスケッチのようなもの)
・デザインドールでポージングとらせてデッサン確認
・デッサン確認しながらラフのラフ(トレースはしない)
・その上からラフを描く
・ペン入れ(最近はラフの上に半透明の白レイヤーをひくと楽になった(トレペ代わり)
 ペン入れはベクターレイヤーで個別に。消すときはベクター消しゴムで、便利便利!
・ペン入れ終わったら余白を自動選択→反転でグレー塗りつぶし。シルエットだけになる感じ。
・その上に下地レイヤーを作って部位ごとに下塗りしていく。
・デザインドールスクショでライティング確認しながら塗り←イマココ

デザインドールがあることでライティング悩む時間が減って
その分だけ色に集中できるのがいい感じです。(色は色で現在研究中なので)

私は立体感の把握能力があんまりなく、
光源計算がうまくできないので、具体的にみえるのが大変助かる。
想像力では補えない部分を補ってくれるので助かります。

あとポージング確認楽だな~
ウルトラマンフィギュアでもやってましたけど
デザインドールの方が楽かもしれない…すごいなー!

体験版でやってるだけですけど、そのうち製品版にしたい気もしないでもない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください